ファイテン活用歴20年の全身ファイルド加工野郎が語るファイテンに関する話題や効果そして活用法。                             ファイテン入門メールマガジン発行中!

2017/04 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日11月23日(日)、うちの道場(加古川合気会)に合気道開祖植芝盛平翁 直弟子で八段の佐々木の将人師範に来ていただき、審査と講習稽古をしていただきました。


佐々木師範とヤマトタケルの石のたらい

この写真は道場への途中、家の近所にあるヤマトタケルが産まれた時に使ったと言われる石のたらいの前での記念写真です。


昔の話なんで、それがホントかどうだかは確信ありませんが、一時期、加古川駅前にヤマトタケルの銅像を作る話が出たようですが、武力を尊重するようなイメージがあり、教育委員会などの反対で計画が中止されたことを聞いたことがあります。


私も以前ヤマトタケルについて知っておこうと、こんな本(ヤマトタケル)を読んだことがありますが、実は優しい人間味あふれるヤマトタケル像が描かれていて面白かったです。

まあ、そんな話題やうちの氏神の神社(日岡神社)にも掲載されているぐらいなんで、それなりの伝説や資料が残されているんでしょうけど、その真偽は別として、そういう場所に住んでいるのはなんとなく誇りに思ってしまいます(笑)


そんなことで加古川出身の有名人ということで、少し前では藤原紀香さんと結婚した陣内智則君。

最近では「もっと笑おう、人生」と、CMにも良く出ている上野樹里さんが有名ですが、忘れてはならないというか、私の人生に多大なる影響を与えた人物???宮本武蔵を上げなくてはなりません。

と言いつつ、微妙に高砂市だったりしますが・・・


宮本武蔵・伊織の里

最近改めて、高岡英夫先生の本
武蔵とイチロー (小学館文庫)武蔵とイチロー (小学館文庫)
(2002/12)
高岡 英夫

商品詳細を見る
や漫画バガボンド
バガボンド 29 (29) (モーニングKC)バガボンド 29 (29) (モーニングKC)
(2008/11/28)
井上 雄彦吉川 英治

商品詳細を見る
を読み直したりして、私個人的には宮本武蔵がマイブームなんですが、今回の佐々木の将人師範の話や、技を見て触れて、やはり方向性は今まで間違っていなかったと自画自賛しています(笑)


やっぱり 「ゆる」 です。


最近 高岡先生のサイトにもこのようなことが書かれていました。


ほとんどの日本人が第三巻の「火の巻」ばかりを読むということです。

そこには戦術論が書かれていて、局面・要因の分析とそれぞれの対処法が解説されています。しかし、武蔵は『五輪書』の中で、根本となるのは心と身体のあり方だということをはっきり書いているんですね。

その根本は、何かというと「水のようになる」ということです。

水のようにゆるみ切った心境、水のようにゆるみ切った身体になることが、最も大切だと言い切っている。

つまり、その境地と身体に到達した者だけが、「火の巻」で書かれているような戦術が可能になるということです。

けれども、ほとんどの日本人は、最も肝心なことが書かれている第二巻「水の巻」を無視して、「火の巻」ばかりに注目するのです。・・・・


武蔵は、今から360年も前に戦術論に先んじて押さえておくべきことがあると書き残しているんです。

『五輪書』でも、「火の巻」の前に「水の巻」を置いて説明して、さらに序論にあたる「地の巻」で、水を根本とするんだと明確に述べています。


佐々木師範から一段いただいたんで、一段とゆるんで精進しようと思う今日この頃です。(あ~親父ギャグ)

最後にいつも佐々木師範が稽古の締めに言う、

「楽しくなければ人生じゃない、笑え! わっ、はっ、はっ~」

佐々木の将人 略歴

昭和4年2月1日、山形県長井市成田に生まれる。

 中央大学経済学部、同大学法学部専攻科修了。

 防衛庁事務官を経て産業防衛学院(スパイ学校)を設立したが諸般の事情により廃校。

 合氣道開祖・植芝盛平翁と出会い修行。

また、滝行、座禅、一九会や稜威会で道を求め、その縁で哲人・中村天風先生と出会い師事する。

 また、山蔭神道の山蔭基央管長との神縁で神官となり、昭和52年フランス政府文化庁に招かれパリで「人間性回復」の神道教授として渡仏。

昭和60年再渡仏。

 現在、埼玉県上福岡斎宮宮司、合氣道師範・神明塾塾長として日本文化と人の道を説く「佐々木説法」で全国を奔走。

 雅号「乾舟(けんしゅう)」 著書多数。

 特に「人生山河ここにあり」「日本人よ母心に帰れ―「文明病」から立ち直るために」「生きる―心に光を」の三冊は日本経済新聞の"春秋"欄で激賞された。


2009年 国会で講演予定

追伸:私は今回の佐々木先生の講習の中で「三年修行するより、三年師匠を探せ。」という言葉を聞き、20歳の時、父に渡された「人生山河」(佐々木将人著)を読み、師匠探しの旅が始まったんだと思い出しました。

人間国宝、世界一と謳われる人に臆せず、(いや、やはり、びびってたか・・・)会えたのも、あの本のお陰様。

そして、楽天の審査が通り、今日、開業した目的の一つを達成し、新しいスタートを切りました。

返金保証の整体チケット販売
http://item.rakuten.co.jp/ban-spo/10000000/





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
もろ家の近所じゃないですか?!
勉強になりますv-218
2009/01/17(土) 12:07 | URL | tiger #-[ 編集]
やっぱり
近所でお父さんみかけたことありますわ。

2009/01/17(土) 12:55 | URL | なんちゃってなすび #Gf4tnLgg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://phiten.blog53.fc2.com/tb.php/118-52a21710
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。